自分の身体を大事にね

最近の私の美容

37才になってから急にお肌と身体のラインが崩れてきちゃった。

そろそろ本気で気合入れてお手入れしなきゃって焦ってきた。

今私がしていることといったら、月に1回の全身アロママッサージを受けに行くこと。

そこでリンパを流してもらってる。

そして、家のお風呂で岩塩を入れてできるだけ長風呂をすること。

ブラックソルトというのを入れてるの。

老廃物が流れていくみたい。ブラックソルトを入れると身体が本当に温まるの。

お顔はというと、、、今まではお風呂上りに化粧水と乳液をつけているだけだったけど、そろそろもっと何かしなきゃって思って、最近は炭酸泉スプレーをゲット。

お風呂上がって着替える前に急いで炭酸泉スプレーでお顔を保湿。

その後に、化粧水を優しく顔を叩くようにしてしみこませる。乾いたらもう一回。これを3回~5回する。

化粧水をしみこませることって一番大事なんだって。

いくら高い化粧水を使うよりも、安くても何回もしみこませたほうが効果的なんだって。

そして、乳液をつけてから美容液で完成。

これをやりだしてから1週間、お肌がもちっとしてきた感じ~。がんばって続けなきゃ。

マッサージって気持ちいい

お風呂上りはボディークリームかマッサージオイル(セサミオイルにアロマをたらす)で足のマッサージ。

首とデコルテも念入りにマッサージ。これをしないと足のむくみと首の凝りがとれないんだなぁ。

そのあとは、指の関節を使って頭皮をやわらかくするマッサージをしてる。

こめかみをマッサージすることで頬れい線がとれるそう。

頭痛も減りました。

手だけでは、マッサージしきれない身体。

次はストレッチと簡単なヨガで全身をほぐすの。

疲れている日はだるくてやりたくないくらいだけど、疲れているときほどやったほうが後が楽。

身体も一日の疲れが溜まっているのか伸ばすと本当に身体が硬いのがわかって最後は緩む。

こうやって身体を労わってあげないともう年だから復活できないよね(笑)。

一日の最後はこうやって身体にも感謝の気持ちをこめてお礼をして眠りにつきま~す。

37才になって身体も疲れがすぐに回復しなくなり、お肌の調子もいまいちになってきました。

でも諦めず、自分で何かできる方法を考えて頑張っていることを紹介します。

想像とは違った全身脱毛体験について

スタッフの対応について

私が初めて脱毛の施術をサロンで受けたのは全身脱毛でした。

1回体験で安くできるというものでした。

インターネットからの予約だったので、電話対応については不明ですが、ネットの予約は簡単で、すぐに予約することができました。

サロン探しは、全身脱毛料金がしっかりと比較出来ているサイトを検索し、契約に至りました。
参考:http://xn--15q150czqe0a324yo5qzrao3p.com/

当日までサロンから何の連絡もなかったので、化粧をしていってもいいのか、自分で毛の処理をしていったほうがいいのかわからなかったので、とりあえず化粧をせず自己処理をして向かいました。

お店につくと店内には人がいませんでした。

しばらくうろついているとスタッフの方が出てきました。

初めにカウンセリングをするとのことだったので、簡単なアンケートを記入しました。

その後脱毛のやり方について、毛の周期について説明をしてくれました。

わかりやすいように絵を見せてもらいながらの説明でした。

ゆっくりと話してくれたので理解しやすかったです。

私が理解できたところで施術に入りました。

脱毛自体初めてで、痛みがどのくらいあるのかわかりませんでしたが、声をかけてくれながら行ってくれました。

施術が終わったと、お茶のサービスをしてくれました。感想を聞かれましたが、それ以外に勧誘などはなく、もしやりたいと思ったら連絡してください、とのことでした。

全て同じスタッフの方にしていただいたのですが、とても感じの良い方でした。

施術について

脱毛自体初めてで、どのように行うのかわかりませんでした。

目に光が入ると危ないとのことで、目にアイマスクをつけて行いました。

私はわからなかったので自己処理等自分でしてきましたが、施術する前にクレンジングと洗顔、ショービングをしてくれました。メイクをしたままお店に行っても良かったみたいです。

施術が始まると、ピッと音がして光がまぶしかったです。

どのタイミングであてられるのかわからないのでビクッとしてしまいました。

痛み自体はほとんどありませんでした。一番最初は弱い出力で行うそうなのでいたくなかったのかもしれませんが、やるにつれてあげていくそうです。

10分くらいで終わり、終わった後はクリームを塗ってくれ、軽いマッサージをしてもらい気持ちよかったです。

1回ではほとんどなくならず、数回やる必要があるそうです。

確かに1回終わったあとでは毛が抜けていく気配はありませんでした。

思っていたよりも痛くなかったので、続けていけそうだと思いました。

私が初めて脱毛サロンで施術を受けた感想です。

全身脱毛についてなので他の部位は違うかもしれませんが、だいたい流れは同じようです。

ひとりの時間を楽しむ

一人の時間が欲しいって、いけないこと?

結婚して主婦となり、子供が出来ると、なかなか自分の為の時間ってとれません。

仕事を持っていたとしたらなおさらです。

私は専業主婦となって12年。その間、ふたりの子供に恵まれました。

長男は11歳で、二人目が欲しいと思いながらなかなかできず、あきらめかけた時に妊娠。

長男とは8歳離れた次男が生まれました。

2人目が生まれると毎日がバタバタで、体も心も疲れてしまって…。

子供がかわいいのには変わりないのですが。

下の子供は通常でいえば年少の年なのですが、持病があることもあって急いで幼稚園に入れることはしていません。

昼間は私とふたりで家にいて、たまに出かけることはあっても変わり映えのない毎日です。

ただ、お昼寝の時間は母もひとりの時間を楽しむことができます。

そんな時、お菓子を準備しコーヒーを淹れて、パソコンを開きます。

その日のニュースを見たりメールチェックしたり、そうしながら大好きなドラマや映画を観たりします。

先日、たまたま夫がいるときにパソコンを開きました。

その時、「いつもそんなふうにしてるの?」って言われました。

アンケートに答えたりしてお小遣いを稼いでるよ、と話したら、いかにもそんなことばっかりやってんじゃないよね、と言いたげに。

ちょっと悲しくなりました。

結局は大切な家族のため

一家の主婦、母だって、希望が必要です。

母であることそのものが希望でしょ!って言われるかもしれませんが…。

それはそうかもしれません。

だけど、外で働くお父さんたちのようなストレスとはまた違った、家庭を守らなきゃならないプレッシャーってあるんです。

出来ることなら外に働きに出てお金を稼ぎたいのに、と思いながらもそれがなかなか出来ないので、そのジレンマもあったり。

それならパソコンで出来ることを、とちまちまやっていて、ストレスを少しでも発散できればいいよね、と。

それをいけないことのように言われちゃったので悲しかったのです。

夫も言ってから気付いたのか、それ以上は言いませんでしたが…。

でも、そうやって一人の時間を持つことは、気持ちが豊かになり余裕が生まれ、結局は家族や子供への愛情に戻っていくと思うのです。

主婦は家で遊んでいるわけではありません。

お父さんたちが外で戦っているとしたら、お母さんたちは家の中で戦っていますよ!

小さな赤ちゃんや子供がいたら、お母さんはどこにも逃げられません。

そんな中で一人になる時間がラッキーにも出来たら、それを大切に自分の為に使おう!全然いけないことじゃない!

冬の風物詩を楽しむ

紅葉を楽しむ

11月は紅葉がキレイな季節です。

山が多い場所へ出かけて、紅葉を楽しみました。

山の紅葉が一面絨毯のようで、とてもキレイでした。

普段このような場所に住んでいないので、とても感動したのとともに、自然への恋しさを感じました。

普段からなるべく自然のある場所へ出かけるようにしています。

そこで深呼吸をすると、体内にキレイな空気が入っていき、心地よい循環ができているような感じがします。

少し前にハクチョウが飛来しました。

ツバメも飛んでいて、夏と冬の野鳥が一緒にいるような感じがしました。

毎年長旅をしている野鳥は過ごしスタミナがあると思います。

さらに警戒心も強いような気がします。

特にハクチョウは大きくて真白いので、目立ちやすいのです。

そばに近づいていくと、すぐに飛んで行ってしまいます。

季節毎に楽しめる植物があると良いものです。

また、これからイルミネーションがキレイな季節です。

街のあちこちでクリスマスツリーを楽しめるようになりました。

部屋ももう少ししたら、クリスマスの飾り付けをしようと思います。

雪が降ると一面真っ白になってしまいます。

そのため、さらに赤い花の色が映えて、さらにキレイになります。

寒さに強い冬の花は希望を感じさせる色です。

鍋が美味しい季節

白菜が手に入ったので、毎日鍋を楽しんでいます。

基本は白菜と大根です。

他は魚やお肉、練りものなどを入れて、醤油や味噌、酒粕などを入れています。

野菜をたくさん食べることができるので、身体にも良く、調理も簡単です。

またおかず汁なので、御飯と漬物くらいで食事ができるので、洗い物が少ないのも楽です。

鍋が残って翌日に食べると、味がしみ込んでいて違った味になっていて美味しいです。

回数が多くなってくると味に飽きてしまうので、さまざまなバリエーションで食べていきたいと思っています。

最近は雑誌で鍋特集などもあり、新しい鍋料理の食べ方を知ることもできます。

コタツに入って鍋を食べることが私の冬の定番になっています。

冬の風物詩はいろいろありますが、毎年楽しみ方が進化しているような気がします。

紅葉や白鳥の飛来は秋が近づいてきていることを感じさせてくれます。

結婚してから持っておくと便利な服について

結婚すると親戚が増え、子供ができると更に知人が増える。

ゆえに冠婚葬祭の行事も増える。不幸事は突然だし、事前に予定が分かる結婚式も子供がいると期間があれどなかなか準備できない。

と、いう話を先に結婚した友人達から散々聞かされていた私は自分が結婚する際に『とりあえず、ちゃんとした服買っとこう』と考えた。

あらたまった服なんてリクルートスーツしか持ってなかったし。

意外と使えるフォーマルスーツ

云々悩んでまず購入したのが黒のフォーマルスーツ。

上着と少しフレアーになったスカートのよくあるセパレートタイプ。

ワンピースにしなかったのは葬式以外でも使えるからだ。

中にヒラヒラのついた白シャツを着て胸に花でもつければ祝い事や行事に使える。

我が家の場合は子供の入園式や主人の会社の行事に大活躍だった。
なんだったら結婚式にも使えると思う。
昨今の風習では『結婚式に黒服はNG』と考える人もいるが、そもそも黒は不幸を示すのでなく正装の色。

新郎新婦のご両親の多くは黒の燕尾服や留め袖を着用されているではないか。

実際、結婚式で黒いフォーマルスーツを着用する方を結構見かけるので問題ないはず。

着物もあなどれない

だったらお前はどうなのだ?結婚式で黒服着たのか?と、思われるかもしれないが、実は使える服をもう1つ持っている。それは着物。

余程突拍子もない柄でも選ばない限りは年齢不問で永遠に使える超便利服。

私は購入したのではなく嫁入り道具として母が持たせてくれたのだが、結婚式、親戚の結納、パーティー、子供のお宮参りなどなどありとあらゆる機会に使えて本当に助かった。

どんな柄を選べばいいか分からないしそもそも着れないという場合は呉服店などが無料の着付け教室を行う地域もある。

着付講師の資格をとるにはお金がいるが、着方を学ぶだけなら無料。着物の購入を強制される事もないが、先生や呉服屋に見立ててもらうのも1つの手段。

意外に低価格だし、とにかくお金をかけたくないなら教室で自分にあった着物のデザインだけ覚えて古着屋やたまにあるB反市のような所で購入すればいい。

最後に

若い頃はなんでもありな感覚だったが、年齢を重ねるとあらたまった格好も必要になってくる。

黒服や着物を着用する度に『ああ、としをとったんだなあ』としみじみ思う今日この頃。

我が家のわんこ

のんびりなわんこ

いつも愛犬は気まぐれにあっちにふらふらこっちにふらふらしながら日中は寝る場所を変えている。

たまに、大好きな母が帰ってくるとしっぽを振って喜んでいる顔を見せてお目当てな餌をもらう。もらったあとは、もう用がないからいいやという顔をしてどこかへ行ってしまう。

日に当たっていることが多いのだが、暑くなると床へべったりくっついてモップのように転がっている。

夜になると寂しくなるのか母の布団に入って一緒に寝ている。鼾や寝言をよく言っている。

なんて、言っているのかはわからないのだが、突然起きることがある。

自分の鼾や寝言に驚いたかのように起きて寝ぼけているのでまた寝てしまう。

寝ているときはとてもかわいい。特にモップみたいに寝ていると横で寝ていたくなる癒しなわんこである。

たまに、かわいいあまりに写真に収めて友達にも送ってしまうくらい実はわんこ馬鹿なわたしである。

吠えるわんこ

普段、一階に住んでいるわんこ。たまに二階の部屋に連れて行くと落ち着かなくなる。

私が作業で上に上がるため上に連れて行くと始めはおとなしいわんこも落ち着きがなくなり早く降ろせと言わんばかりに吠える。

普段は、おとなしいわんこだが二階は自分の居場所ではないと思っているのか嫌がる。

しかし、私が上にいってしまうとそれはそれで心配になり階段のしたで座って待っている。こっちとしては上にいてくれると安心なのだが上は嫌いみたいだ。

妹を起こすときには効果的ではある。だんだん騒がしくなると妹は必然的にわんこをもって一階へ降りなくてならないので仕方なく降りてくる。

うるさいから持ってこないでよねと言われても起こすのがめんどくさい時にはついついわんこに起こしてもらう。

わんこには悪いと思いつつも一番手っ取り早い方法なのである。

特に仕事のない休日に用事があるときなどはわんこを登場させて頑張ってもらっている。

わんこもたまには発声練習になるのではないかなとおもっている。

我が家のわんこの紹介です。

わんこの可愛さがこれを読んでいただくことにより伝わったんではないでしょうか。

きっと犬を飼っていない人もかいたくなってしまったんではないでしょうか。

趣味をつらつらと

釣りをはじめました

女性ですが最近釣りを始めました。兄と一緒に夜中に行くんですがなかなか釣れません。釣れてウグイだけです…泣

しかも、海はとっても風が強い!

GWに行ったときはそこまで風が強くなくて明るくなると女性も子どももたくさんいました。

でも誰も釣れてない。

でも月が沈んでいって太陽が昇ってくるところが見えてよかったなーすごく綺麗でした。

この間の土日に行った時はもうすっごい波が早いし風もごぉーってなっててよろけるし、大声で近くで喋らないと何を言ってるかわからないし、昆布ばっかり引っかかるし・・・。

でもウグイだったけど40cmくらいの釣れました。

リバースしましたけど、釣れたことが楽しいです。

空が綺麗で星がたくさん見えて星座も観れましたし流れ星もみえました。

最近3回ほど行ったのですがそのうち2回もみれてうれしかったです。

星を見るのがすきなので。

BBQが好き!

最近暖かくなってきてBBQをするようになりました。

私の家はなかなか家族みんなでご飯を食べたりせずに、1人1人で食べるのでBBQのときは家族や兄弟の家族も一緒にみんなでワイワイ騒ぎながらおしゃべりをしてご飯を食べるのがとっても楽しいです。

1人BBQもやったことがあるけれど同じものを食べているのに美味しさが全然違う。

やっぱりみんなで喋って楽しみながら食べるのが美味しくなるのかな。

けどBBQやってるときってカラスが飛んできてみてくるんだよねー本当に目と鼻が良い!頭がいいなーと思う。

コンサートDVD鑑賞

好きなタレントさんのコンサートDVDを見ています。とっても楽しい。

かっこいいだけでなく、笑いもあって本当にみているだけで胸がどきどきするし、自然と笑えます。

最近本当いいことないなーって時に見ると本当に元気を貰えます。

歌もうまくて話も面白くて楽器演奏もできてダンスもできて演技もできてすごいなんでもできるけれど、何でもできるってことはすごく努力したんだろうなと思う。

そういうことを表面では見せずに笑顔でがんばっているのをみると、私も頑張らなきゃって思えます。

メディアに出てる人ってプライベートも話しかけられたりしてプライベートじゃなくなりそうですごく大変そう。

最近はまっていること、趣味について書いています。(釣り、BBQ、コンサートDVD)

その趣味をしているときに思ったこと感じたことをまとめてみました。

赤ちゃんの寝相

赤ちゃんは転がるのが当たり前!

寝返りをうちはじめてから少し経つ今日この頃、生後7ヶ月をすぎたあたりから我が子の寝相に変化が!

今までは反り返った形で寝ていたのが、寝ぼけながらうつ伏せのかっこうになったりしだし、ついには転がる転がる;

ゴロンゴロン右に行ったり左にいったり、落ち着いたなぁと思ったらうつ伏せのまんま寝ている。

そんなだから、見ているこっちは、ちゃんと息してるかな?苦しくないのかな?と心配が絶えず、寝不足に・・・。

でも赤ちゃんはこっちの心配などそっちのけで、グーグー気持ちよさそうに寝てたりするんだよね(笑)

我が家は赤ちゃんと同じ布団で寝てるけど、夜中ちょっとトイレいきたいなと思い、用をすませて戻ってくると、布団のど真ん中に堂々と寝ていたりするんだよね。

一体お母さんはどこで寝ればいいの?ちょっと床にはみ出しながら寝なきゃならない。スペースのとりあいっこ、これも毎度のこと。

赤ちゃんは布団はいで当たり前!

真夏ならともかくまだ5月、昼間は暑くても夜はけっこうひんやりすることがまだまだ多い時期に、平気で布団をはぐ我が子。

何枚かかけるものを用意してあるが、一枚かけては転がるせいで足にからまったりしてちゃんとかからず、それを引っ張ると起きたりしちゃうので、別に用意したものをかける。

でもいつの間にかひっぺがされている;

かけてはひっぺがされの繰り返し、でもこっちもいよいよ眠いので最後にはやっぱりもういいやになっちゃうんだよね。

で、朝起きてみると赤ちゃんの手足がけっこう冷たくなっていて、すぐにあたためなきゃ!と思うんだけど、本人けっこう平気だったりする。

赤ちゃんは大人より体温高いから、大丈夫、ってわかっていてもやっぱり気になっちゃうんだよね。

風邪だけはひかないでね~と毎回ひやひやする始末。

育児は体力勝負と思うほか、気苦労もけっこうあったり、それでも毎日いろいろ変化があるので楽しませてもらってるよ。

赤ちゃんは寝返りをうちはじめると、とにかく落ち着いて寝てくれなくなります。

我が家ではどんな風になってるか、読んでいただければ共感していただける部分があるかと思います。

オンラインゲームの魅力

大人ですがゲームにはまっています

あまり周囲には言いにくいのですが、大人ながらにしてオンラインゲームにはまっています。

私がゲームと出会ったのは今から6年位前であり、もうずっとプレイしています。

最初は何気なく始めたオンラインゲームですが、今では気晴らしのため、ゲーム内の世界を楽しむために接続しています。

家に居ながらにして他人とチャットができる

オンラインゲームの魅力の一つが、全く知らない他人と会話をして仲良くなれるという点です。

通常、話し相手は現実で作りますが、顔を合わせると本音が言えないこともあります。

ところがオンラインゲーム内においては、身分も顔も全く知らない相手と知り合うことができ、気軽に会話を始められるのです。

当初、ゲーム内で会話をすることに違和感と抵抗がありましたが、若い人たちが当たり前のようにオンラインゲームで友達を作っているのを見て、私も段々と打ち解けるようになりました。

慣れない人には抵抗があるようで、インターネットを行わない年配の人からするとびっくりされるシステムですが、インターネットならではの本音を言い合うことができ、私にとって大変満足できるコミュニケーションツールとなっています。

文字のチャットだけでなく通話でお話することもありますが、私にとって最高のストレス解消方法です。

現実ではしがらみ、他人の目に怯えなければなりませんが、仕事や生活の話を抜きして楽しくお喋りができるインターネット上の話し相手はとても貴重です。

待ち合わせの必要もなく、外出もせずに、自宅でいつでもお話できるという手軽さがあります。

アバターのきせかえや模様替え

オンラインゲームの楽しい点の一つが、アバターのきせかえやお部屋の模様替えです。

大人になっても、きせかえや模様替えには心惹かれるものです。

最近のオンラインゲームのグラフィックは進化しており、お洒落なアイテムが沢山揃っています。

私はお金をかけずにオンラインゲームをプレイしていますが、今まで様々な部屋を作り、きせかえもしてきました。

自分の願望をゲーム内で叶えることができるのですから、とても夢があります。

大人になってまでゲームなんてと言われそうですが、毎日働いて現実を頑張らなければならない大人だからこそ、ゲームなどで夢を見る時間が大切な息抜きになるのではと思うのです。

現実ではすぐに飽きてしまうからと、インテリアにこだわることができずにいましたがオンラインゲームならでは、とっかえひっかえ模様替えをしています。

大人の私がもう長年はまっているオンラインゲームについて語っています。

大人の視点からオンラインゲームの魅力を紹介しています。

子連れママに嬉しいカフェ

子どもが生まれてからなかなか外食に行けずにいました。

離乳食を卒業して、お店のキッズメニューが食べられるようになったので、同じくらいの月例の子どもを持つママ友とランチに行く機会が増えました。

2人とも、軽いですが卵アレルギーがあるので、お店も、食べるものも選ぶと結構限られてしまいます。

最近行った愛知県内のカフェでよかったところ2店舗を紹介します。

ココペリシュリンプ

安城市にあるかわいいカフェです。

独身時代から行っているお店なのですが、女子や子連れママにとても人気のあるカフェ。

11時のオープン前からお店の前に行列が出来るほど。

先日行ったときも、もう予約はいっぱいでした。

予約も11時からの予約限定で、席数の半分くらいの席を予約しているので、予約が出来なかった人は早めに並ぶとすぐに入ることができます。

私たちも11時前に行ったのですが、結構たくさん止められる駐車場はもう最後の一つ、席もカウンターになってしまいました。

ギリギリ座れたといった感じです。

店内には、お座敷、テーブル席、カウンター席があり、やはり子連れにはお座敷が人気です。

ランチメニューも6種類くらいあって、どれもおいしくボリューム満点です。

キッズメニューは1種類ですがあります。こちらもボリュームがあって、ハンバーグや唐揚など、子どもが好きそうなものが出てきます。

卵アレルギーであることを伝えると、ハンバーグはしっかり焼いてくれたり、ご飯の上にかかってくるのりたまのふりかけをなしにしてくれたりと配慮してくださいました。

とてもおいしくいただけました。

シーベースカフェ

東浦町にあるカフェです。

こちらはお庭が素敵なところです。

お昼時は子連れママや女性客で賑わいます。

ソファ席、テーブル席、少し離れたところにお座敷が1部屋あります。

お座敷は子連れママに人気で結構先まで予約で埋まっているようです。

ランチメニューは3種類あり、ヘルシーで身体によさそうなものばかり。

子どものメニューは、うどんセットかカレーセットが選べます。

女の子・男の子で食器の柄を分けてくれる配慮も嬉しいです。

また、アレルギー対応メニューなのでどちらも卵を使用しておらず安心していただけます。

モリモリ食べて、ジュースとバナナもしっかり完食してくれます。

ママも子どもも嬉しいメニューで、大満足です。

子連れではなかなか行けないと思っていたカフェですが、探すと意外とあるもの。

元々行っていたお店にもキッズメニューがあったり、アレルギー対応をしてくれたりと嬉しいサービスも。